良いお花は生産者で決まる!

こんにちは
加西市フラワー教室
shiuです。



ブログ記載する際
糸雨にしようか
shiuにしようか
まだ悩んでいる今日この頃。


もう少し、悩ませてくださいw



さて、こちらのお花
可憐ですよね♪


大好きなバラ
名前は、カレン


ライラックピンクのカップ咲き。 
とってもいい香りがします。


いいお花を見つけました。


バラは本当に種類が豊富で
市場で選ぶ際
非常に目移りしてしまいます。


美しいバラが多すぎて
こっちもいい
いや、あっちもという有様。


もともと優柔不断なので、
バラエリアは危険地帯なのですw


さて、
私には一つ夢があります。


こんな美しい花を
手間暇惜しまず育ててらっしゃる
生産者さんの現場を
いつか巡ってみたいという事です。


全国にある生産地に行き
生産者の方にお会いして
苦労話や熱い思いを
聴いてまわりたいのです。



日本の花の質は、恐らく世界一。

ニューヨークでは、
日本産の花が大人気です。


輸送管理が年々進化して
新鮮な花が空輸でニューヨークまで
ひとっ飛び。


大変高値で売れているんですよ。


中でも、カサブランカが大人気なんですって。


高いけど、そのお花を使うと
華やかさが格段に上がるんです。


ニューヨークのフローリスト達に
人気の日本産の花


これから、益々需要が増える見込みです。


日本の生産者さんの努力の賜物ですね。

同じ日本人して誇りに思います♪


お花を学んでいくと
行き着くのが生産者


同じ品種の花でも、
生産地や生産者が変われば
質が大きく変わるんです。


レッスン花は仕入れの段階で
約8割、良し悪しが決まるように
思います。

よいお花、長持ちするお花
色艶鮮やかな花
葉が生き生きしている花


この見極め

仕入れの際の
重要な作業


ここをおろそかにしては
駄目だと思って
いつも身の引き締まる仕入れ時間なのです〜


質の良い花を提供するには
日々勉強ですね!


0コメント

  • 1000 / 1000